1. HOME
  2. お客様の声
  3. インストラクショナルデザインを使った「研修担当者向けセミナー」
  • インストラクショナルデザインを使った「研修担当者向けセミナー」

    2018.5.3カテゴリー: お客様の声

    皆様の組織では、自社の各部門で「研修担当者」がおいででしょうか?

    大きな組織では部門ごとに、研修を企画し実施をしていることも多いようです。

    人材育成に研修は有効です。
    でも、研修会社に丸投げしていませんか?
    本当に「自組織に必要な人材育成」につながる内容でしょうか?
    また、段階を踏んだ研修プログラムの作成ができていますか?
    より効果的に研修会社に依頼するために、
    本当に必要な「モノ」を担当者として押さえておくことが大事です。
    研修を「内製化」か「外注化」かについてもお話をいたします。

     

    目的

    1.時代の変化に応じた人材育成の課題や重要性を認識する
    2.高品質の研修を企画運営するためのポイント習得

    研修担当者は組織の人づくりの中核を担う重要な役割です。
    それを踏まえたうえで、研修のトレンドを知り
    インストラクショナルデザインを用いて研修を構築します。

     

    カリキュラム(例)

    1. 人材育成の現状と課題
    2. 研修担当者の役割と心構え
    3. 研修担当者に求められる知識
    4. インストラクショナルデザインを使った演習
      ※講義と演習は4:6の割合です

     

    お客様の声

    • 講義一辺倒でなく、実際に手を動かす、グループで話す、動く・・・とメリハリがありあっという間の1日だった。
    • 具体例の提示や事例紹介がわかりやすく、すべてがためになった。
    • 気付きの多い研修だった、質問への回答も丁寧で好感が持てる。
    • 講師の落ち着きある話し方、明るい表情、進行も適切で信頼感を感じた。
    • あるべき人材像の構築のために、どのように研修企画力を高めればよいのかがわかった。
    • 数多くの事例を基に、スケジュールの立て方、担当者に必要なチェックシート等多くのアセスメントの提供がありがたかった。

     

    ※ラシャンスでは、研修をご相談くださるお客様毎に「本当に身になる研修」のご提案をしています。

    その他の記事