1. HOME
  2. お悩み相談
  3. 【お悩み相談】「生きる意味」がわからない人が多くなっています | ラシャンス
  • 【お悩み相談】「生きる意味」がわからない人が多くなっています

    2019.11.19カテゴリー: お悩み相談

    「生きる意味」を見失っている人が多いと言います。

    私自身のことを振り返ってみても

    生きる意味がわからない・・・と思っていた時期があります。

    30代初めから半ばくらいまでかな。

    後輩を亡くしました。

    彼女は「何のために生きているんでしょうか?」と私に何度も問いました。

    その時は「私にも良くわからないけど、幸せになるためだよ」←本で読んだこと。

    と伝えていましたが、彼女は逝きました。

    その後、ずっと「何のために生きるのか」は私の中にずっとある問でした。

    そのころ、いろんな人に問うていたので、さぞかし鬱陶しいやつでしたね。

    「哲学的なことはわからない」

    「私が死んだら子供が困るから」

    「子孫を残すために生きている」

    「毎日、生きるために生きるんだよ」

    「修行のため」と言った人もいます。

    「そういう疑問は、ふつう高校生で卒業すること」と言われたこともあります。

    ※青臭いこと言うな・・ということですね。

    今思うことは、自分が無い(人の言うまま)

    自分の価値観が不明確、自分の目標が無い人は

    「生きる意味」を見失いがちだと思います。

    そして「生きる意味」を考えるのは、若者だけじゃない。

    中高年も老人も考える人は考える。

    そして、その時々・年代で

    「生きる意味」は異なるものだと思うのです。

    キャリア形成が若者だけの物じゃないことと同じ。

    キャリアは常に発達し続けるように

    「生きる意味」も変化成長を続けているんですよね。

    「生きる意味」上田紀行著 読後感想

    その他の記事