1. HOME
  2. 働き方改革
  3. 過重労働解消して働き方改革に取り組む・有給年5日取得しないと1人罰金30万円 | ラシャンス
  • 過重労働解消して働き方改革に取り組む・有給年5日取得しないと1人罰金30万円

    2019.11.19カテゴリー: 働き方改革社長・管理職の悩み
    先日、厚生労働省主催の過重労働解消のためのセミナー「新しい時代に、人々が求めている職場とは」を受講しました。
     
    今日のタイトルの「ワークライフバランス⇒ライフワークバランスの時代へ」は今やもう、人生はワークよりライフを先に考える時代のようです。
    組織によっては研修で使う言葉を「ライフワークバランス」としてください、というところもあります。
     
    そして、今年4月からはじまった働き方改革で、多くの職場で環境が改善されてきていると伺います。
     
    私が定期的に研修を担当している会場においでになる、製造や開発業務に係る方々からも「だいぶ変わった」と言う声が多く聞かれます。
     
    それと共に、小さな(所謂孫請け)企業の方からは「働き方改革ってどこの国の話ですか?って感じです。」とため息交じりでお聞きすることもあります。
     
    今回、セミナーを受講して。。。
    一番大事なのは「トップの覚悟」だと痛感しました。
     
    多くの組織では「うちの会社は特殊だから」「うまく行っているのは大手さんでしょ?」と言って諦めている場合が多いようですが、うまくいっている企業事例を拝見すると、従業員規模20名~50名のところも多く、職種も調剤薬局・広告デザイン・住宅建材・土木….と下手をするとブラックになりがちなところが多いです。
     
    特に?驚きの事例は住宅建材・土木の社長が意識を変えて、自らが積極的に変わることで、社員も変わったとのことでした。
    (※ワンマンでハラスメントのデパートだった社長がトイレ掃除と感謝の気持ちを示した)
     

    まずは、社長が覚悟して自分自身が変わる。

    そして

    1.しくみを作り

    2.働く人のマインドを変えて

    3.IT化で仕事を効率化する

    以上を3~5年かけて取り組む。

    世の中は変わっています!

    年次有給休暇を年5日とれないと、1人当たり30万の罰金ですよ!(※労基指導の後)

    何よりも真剣に取り組まないと、意識の高い優秀な人財から会社を辞めていきます。

    しっかりと学んできた知識を、多くの皆様にお伝えしたいと思っています。

     
     

    その他の記事